株主優待

【お買物割引優待券】ヴィレッジヴァンガードコーポレーションから株主優待が到着

実質半額券のヴィレッジヴァンガードの株主優待が到着

2月1日に、ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)から株主優待が到着しました。

2018年11月権利分の明光ネットワークジャパンの株主優待を紹介します。



ヴィレッジバンガードの株主優待内容

ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)は、書籍、CD、雑貨、食品などの複合小売店を展開している企業です。

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションの株式を毎年11月末日時点で100株以上保有すると、株主優待としてヴィレッジヴァンガード系列の店舗で利用できるお買物割引券がもらえます。

優待券の額は保有期間によって変わります。

保有株式数 継続保有1年未満 継続保有1年以上 継続保有2年以上
100株以上 10,000円分 11,000円分 12,000円分

2016年に株主優待制度の改悪があって以降、株価は下がり続けています…。

株価データ

ヴィレッジヴァンガードの株主優待券

ヴィレッジヴァンガードの株主優待券が到着。使い方、利用可能店舗の情報など。

ヴィレッジヴァンガードの「株主ご優待券」は、額面通り使える券ではありません。

「株主ご優待券」は、1回の会計金額が2,000円(税込)以上の場合につき、2,000円(税込)ごとに1枚利用できます。

つまり「株主ご優待券」の額面は1,000円なので、買い方次第では最大半額になる券になります。

ヴィレッジヴァンガードの株主優待券が到着。使い方、利用可能店舗の情報など。

「株主ご優待券」利用可能店は以下の通りです。

ヴィレッジヴァンガード、new style、HARVEST VILLAGE、ヴィレッジヴァンガードアウトレット、ヴィレッジヴァンガード lite、ヴィレッジヴァンガードダイナー、ヴィレッジヴァンガードカフェ

※「HOME COMING」「こととや」ではご利用できません。

ヴィレッジヴァンガードは「なんだか使い道がよく分からないような物が置いてある雑貨屋」というイメージを持ってしまいがちですが、実は書籍やCDなども取り扱っており予約も可能のようです。

ヴィレッジヴァンガードで使い道に困ったら、書籍を購入するのに優待券を使えば半額で購入することも可能です。

ヴィレヴァンお宝発掘セールの招待券も同封

ヴィレヴァンお宝発掘セールの招待券

株主優待券と一緒に、毎年開催されている「お宝発掘セールの株主様特別ご招待券」も3枚同封されていました。

招待券の詳細を見ると、会場にある商品が70%~90%オフで販売されているようです。

実は私、数年前にお宝発掘セールの会場へ出かけたことがあります。

それが…まあ酷いものでした…。

会場に到着するも、売り場のホールへ入るまでに1時間半以上待機させられ、売り場へ入場するも売られているのはガラクタだらけ…。

ハッキリ言って時間の無駄です。1度行って「もう二度と行かないぞ」と決意をしました。

大体なぜ安くなっているかというと、誰も買わない売れ残りだからということですね…。

まとめ

私はヴィレッジヴァンガードコーポレーションの株を2年以上保有しているので、「株主ご優待券」を12枚いただきました。

かつてのヴィレッジヴァンガードの株主優待内容は現在と違って額面分使い切れるタイプの優待券でしたので、その時はヴィレッジヴァンガードのお店で主に漫画の単行本を買うのに利用していました。

現在は株主優待制度が改悪されて半額券となり、非常に魅力が少なくなってしまいました。

この改悪により株価も大幅に下落し、私も含み損状態でずーっと塩漬けしています…。

オークションを見るとそれなりの金額で売買されているので、まだまだ人気はあるようです。

普通に書籍を買うのであれば、ヴィレッジヴァンガードの株主優待券をうまく利用すれば半額で購入できるので、そう考えるとまだまだお得な優待なのかもしれません。

当記事は個人的な見解を含みます。投資は自己責任でお願いいたします。