キャッシュレス

ブラックリスト同等?クレジットカードの同時期・多重申し込みの注意点

ブラックリスト入り?クレジットカードの同時期・多重申し込みの注意点





最近はVisa LINE Payクレジットカードや三井住友カードなどでお得な還元キャンペーンが多く、申し込みしたい人も多いかと思います。私もその一人です。

しかし短期間にクレジットカードを複数申し込みをすると、いわゆる「ブラックリスト入り」と同等の状態にされてしまい、しばらくの間カードの審査に通らない可能性があります。

今回はクレジットカードの多重申し込みによる注意点と、ブラックリスト入り状態の回避方法を紹介します。



クレジットカードの同時期の多重申し込みに注意

短期間でのカードの申し込みすぎはブラックリスト入りと同等に

クレジットカードを申し込む際、支払いの延滞など過去に問題を起こしていなければ、通常は問題なく審査に通ることが多いです。

しかし、クレジットカードを短期間の間に多重に申し込みをすると「申し込みブラック」となり、一時的に審査が通りにくくなる可能性があります。

「申し込みブラック」とは、クレジットカードの申し込みやカードローンなどの消費者金融などに短期間に複数枚申し込むと、ブラックリストと同じようにカードやローンの審査が通らなくなってしまう状況のことです。

破産などの金融事故を起こしていないにもかかわらず、短期間に複数の申し込みをしただけでブラックリストと同等の状態になってしまう可能性があるので注意が必要です。

申し込みブラックになる条件

申し込みブラックになる条件は金融機関などによって違いはありますが、基本的に『申し込み期間は1~3ヵ月/申し込み件数は3社以上』と言われています。

申し込みブラックの期間

一度申し込みブラックになってしまうと、その状態が6ヵ月続きます。申し込み履歴の記録は6ヵ月が経過すると自動で消去されます。

また、自分が申し込みブラックかどうかは個人信用情報機関へ情報開示の請求をすると確認ができます。

個人信用情報機関は以下の3機関のいずれかで確認ができます。(ただし、手数料として1,000円がかかります。)

  • CIC
  • JICC
  • 全国銀行個人信用情報センター

もし申し込みブラックになってしまった場合は、情報が消えるまでの間は申し込みを避けた方がよさそうです。

申し込みブラックを回避する方法

前述したように、申し込みブラックになる条件は『1~3ヵ月の間に3社以上の申し込み』です。

そのため、クレジットカードの申し込みは1~3ヵ月の間に2社までを目途にしたほうがいいかと思います。

まとめ

以上、短期間でのクレジットカードの多重申し込みの注意点についてでした。

最近申し込みが始まったVisa LINE Payクレジットカードは初年度3%還元、三井住友カードは4月30日までの申し込みで20%還元等々、魅力的なクレジットカードの申し込みキャンペーンが色々とあります。

つい申し込みたくなってしまいますが、だからといって申し込みすぎて今後絶対に必要なクレジットカードを作りたいときに限って申し込みブラックになっていて審査が通らなかった…なんてことになってしまうと元も子もありません。

私も上記のクレジットカードを作りたい誘惑に駆られたのですが、私の場合は納税支払い用として5月にセブンカードを絶対に作っておきたいため、4月は新規カードの申し込みはやめることにしました。
【追記】納税額が5万円以内ならポイント3%還元とのことで、Visa LINE Payクレジットカードを申し込んでしまいました(笑)

なお、先日申し込んだKyash Visaカードはプリペイドカードのため審査がいらず、申し込みブラックの心配はないようです。

最近は特にクレジットカードの新規申し込みによるお得なキャンペーンがたくさんありますが、短期間のうちに複数申し込むと肝心な時に審査が通らないこともあります。

クレジットカード発行の際は、自分が過去1~3ヵ月のうちに何社申し込んだのかをしっかり確認してから申し込むことをおすすめします。




関連記事及び広告はこちら!