住宅

窓ガラスの飛散防止対策に使う養生テープの長さは?意外と足りないんです

窓ガラスの飛散防止対策に使う養生テープの長さは?意外と足りないんです





台風19号が日本に上陸するようです。

今回の台風はかなりヤバいらしいという情報が行きかっており、我が家も養生テープを窓ガラスの飛散防止対策として貼り付けてみたのですが…これが予想以上に貼る長さが多く、長さが足りなくなると思いましたので紹介したいと思います。



窓に貼るには意外に足りない?養生テープの長さ

養生テープを窓に貼るとガラスの飛散防止対策になるという情報を知り、我が家でも養生テープを入手して実際に自宅の窓に貼り付けてみました。

飛散防止になる貼り方は、米印のような(もしくは英国国旗のような)感じに窓枠と各対角線上に全部で8本貼っていく感じです。

我が家のベランダのガラス窓に貼ったところ、早々に養生テープの3分の2程が減ってしまいました…。まだたったガラス窓1枚分で、です。

今回入手できた養生テープの長さは25メートルのものでしたが、窓1枚に飛散防止用として貼り付けるには一体どのくらいの長さがいるのか、計算してみました。

一般的な窓の場合(高さ108センチ程)
  • 合計8.24メートル
ベランダの窓など大きいサイズの窓(高さ175センチ程)
  • 合計13.6メートル(※)

※長さがあるため、上下2つに分けて米印に貼ったので使用量が多くなりました。

我が家の窓の場合ですので、参考程度にしていただければと思います。

また、これはあくまでもしっかりピタッと貼れた場合の長さなので、二重に貼り付けたりするともっとテープの長さが必要になります。(我が家の場合は無駄に重ねたのでもっと使ってしまいました…。)

上記は1枚に必要な長さで、2枚分貼るとなるとベランダの窓では養生テープ1個では足りない可能性が十分にあります。

一戸建ての家では窓が何ヵ所もある場合も多く、その場合は養生テープは何個も必要な計算になります。

テープを貼りたい窓が多い場合は予想を超えて養生テープが足りくなりますので、在庫があるのであれば養生テープを複数個多めに用意しておくのがおすすめです。

それでは、台風には可能な範囲で対策をして、できる限り危険から身を守りましょう。



関連記事及び広告はこちら!