買い物・レビュー

幸楽苑の朝時間帯限定で290円の中華そばが復活!今なら定食の注文でプリンが付いてお得

幸楽苑の朝時間帯限定で290円の中華そばが復活!今なら定食の注文でプリンが付いてお得





かつて幸楽苑の名物だった290円の中華そば。

290円ラーメンが姿を消してから早6年…。コスパ抜群だったため、今の世の中では提供が難しいのかと諦めていましたが、2021年3月11日から朝の時間帯限定で復活となりました。

今回は、朝食時間帯限定の幸楽苑の朝メニューと、復活した290円の中華そばクラシックとその定食セットの紹介です。



幸楽苑の朝食限定で290円ラーメンが復活していた

幸楽苑の朝メニュー

幸楽苑では、8:00〜10:45までの時間帯限定で朝食メニューが注文できます。

幸楽苑の朝食メニューは以下の通りです。(全て税込み価格)

  • 朝定食A 400円(玉子かけご飯・おひたし・野菜スープ)
  • 朝定食B 500円(玉子かけご飯・おひたし・ハーフ野菜らーめん)
  • 朝定食C 500円(玉子かけご飯・おひたし・しじみエキス入り醤油らーめん)
  • お粥セットA 400円(ハーフお粥・おひたし・野菜スープ)
  • お粥セットB 400円(ハーフお粥・おひたし・ハーフ野菜らーめん)
  • お粥セットC 400円(ハーフお粥・おひたし・しじみエキス入り醤油らーめん)
  • お粥 400円
  • しじみエキス入り醤油らーめん 400円
  • 中華そばクラシック 290円
  • 中華そばクラシック朝定食 500円(玉子かけご飯・おひたし)
  • 中華そばクラシックお粥セット 500円(ハーフお粥・おひたし)

さらに、3月11日からは幸楽苑の朝食メニューに290円の中華そばクラシックが加わりました。

かつて290円の中華そばクラシックは幸楽苑の顔とも言える看板メニューでしたが、2015年に姿を消してしまいました。

過去に数回キャンペーンで復活することはあっても、ごく短い期間だけでした。しかし今回は期間が明記されていないので、好評ならば続けてくれるのではないかと期待しています。

8:00〜10:45までの時間帯限定ではありますが、290円でラーメンが食べられるのはありがたいです。

今なら先着順でプリン付き!500円の朝定食がお得

幸楽苑の朝時間帯限定の朝食メニューの紹介。290円の中華そばクラシック復活について。朝定食の感想など。

実際に幸楽苑に行ってメニューを見るといつの間にか注文がタッチパネル(iPad)式になっており、「中華そばクラシック朝定食(500円)」と「中華そばクラシックお粥セット(500円)」にはプリンが付くとの表記がありました。

調べたところ、この2つのセットに限り先着でデザートメニューの「とろけるプリン」1個が付くようです。

プリンの価格は200円。中華そばクラシックの価格が290円なので、ラーメンとプリンだけで普通に注文すれば490円です。それにおひたしとご飯が付くんですから、かなりお得かと思います。

「中華そばクラシック朝定食(500円)」を注文

290円の中華そばだけ食べるつもりだったのですが、プリンがもらえるとのことで欲張って500円の中華そばクラシック朝定食を注文しました。

中華そばクラシック1杯と…

幸楽苑の中華そばクラシック朝定食(500円)

玉子かけご飯、おひたし、プリン付きで税込み500円とコスパ高いです。

幸楽苑の中華そばクラシック朝定食(500円)

500円でかなりボリュームがあり、お腹いっぱいになります。290円の中華そばは、昔ながらの中華そばという感じで相変わらずおいしかったです。

幸楽苑のとろけるプリン

…なのですが、中でも一番おいしかったのはプリンでした。

味と食感は、パステルのなめらかプリンに非常に似ていました。200円とちょい高めですが、この味なら少し納得です。量は少なめで、食後のデザートとしてちょうどいいボリュームです。

ごちそうさまでした!

まとめ

2015年に幸楽苑で290円の中華そばの常時販売は終了してしまい、それから私は幸楽苑の優待券分のみ消費するだけとなっていました。

しかし朝の時間帯に290円の中華そばクラシックが復活ということになり、また幸楽苑を利用することも多くなりそうです。

290円の中華そばクラシックを食べられるのは、毎日8:00〜10:45の時間帯のみ。この時間帯に幸楽苑を利用できるのであれば、中華そばクラシックがコスパが高くおすすめです。

さらに今なら中華そばクラシックの定食で、先着順にプリンが付いています。お腹いっぱい食べたい場合はこちらもおすすめします!




関連記事及び広告はこちら!