キャッシュレス

【2021年5月〜】Visa LINE Payクレジットカードの還元率が2%に引き下げ…。これからの支払い方法はどうする?

Visa LINE Payクレジットカード到着後にする手続き手順





還元率3%が最大の魅力だった「Visa LINE Payクレジットカード」ですが、2021年5月1日以降は還元率が2%に下がることになりました。

今回はVisa LINE Payクレジットカードやチャージ&ペイ、LINE Payの特典クーポンの変更点や、2021年5月以降のお得な支払い方法についてまとめました。



Visa LINE Payクレジットカードの変更点

Visa LINE Payクレジットカードのポイント還元の新旧比較

以下はVisa LINE PayクレジットカードおよびLINE Pay特典クーポンの現行の特典内容と、2021年5月1日からの変更内容をまとめた表です。(還元されるポイントは全てLINEポイント)

現行(〜2021/4/30) 変更後(2021/5/1〜)
Visa LINE Payクレジットカード払い(クレジット払い) 3%還元 2%還元
チャージ&ペイ(LINE Pay払い) マイランクに応じて1〜3%還元 一律0.5%還元
LINE Pay特典クーポン マイランクに応じて毎月1〜10枚  制限なし

大盤振る舞いのカード誕生初年度から2年目になると還元率は下がると予想はしていましたが、実際ダウンしてしまいました。

順に詳しく解説していきます。

1. Visa LINE Payクレジットカード払いの還元率は2%に

2020年4月からのVisa LINE Payクレジットカード初年度特典の3%還元は2021年4月30日で終了し、2021年5月1日からは一律2%還元へと引き下げられます。

引き下げと言っても、1%還元のクレジットカードがほとんどの中、Visa LINE Payクレジットカードは還元率2%とまだまだ高還元であることに違いはありません。

クレジットカードを利用するのであれば、Visa LINE Payクレジットカードで決済をすれば2%還元と他のカードよりも十分お得です。

また、ポイント還元の対象となる利用分はiD、公共料金、税金(支払い金額50,000円まで還元対象)等々変更はありません。

特に5万円までなら税金での支払いもポイント還元になるのはメリットが大きいです。クレジットカードで納税をするなら、私はVisa LINE Payクレジットカードを使いたいと思います。(もちろん、Visa LINE Payクレジットカードよりも高還元のカードをお持ちの場合はそちらの利用をおすすめします!)

2. LINE Payのチャージ&ペイの還元率は0.5%に

チャージ&ペイとは、Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payの支払い方法に登録することで、事前に銀行口座や現金で残高をチャージしなくてもコード支払い等が可能になる機能です。

2021年4月30日までは、LINEポイントクラブのマイランクに応じて最大3% (1〜3%)が還元されていました。

2021年5月1日からはマイランクに関係なく一律0.5%還元へと変更されます。

個人的にこの変更は大改悪といってもいいかと思います。

例えばLINE Payの請求書払いで税金を支払いしていた場合、今までならマイランクがプラチナならば3%の還元がありました。それが5月1日以降はたったの0.5%還元に…。

0.5%還元になると、他の支払い方法(クレジットカード払いやスマホ決済)で支払いをするのが無難です。

5月1日以降は、極力LINE Payのチャージ&ペイは利用されないことをおすすめします。

3. LINE Pay特典クーポン

特典クーポンは、LINE Payの加盟店で使える割引クーポンです。

今まではLINEポイントクラブのマイランクに応じて獲得できる特典クーポンの枚数が変わりましたが、5月1日からはマイランクに関係なく一律となります。

拡充かとも取れますが、LINE Pay特典クーポンは開始直後は割引率が高くお得なクーポンが多かったものの、しばらくするとだんだんと割引率が落ちてきてあまり利用価値がなくなってきてしまいました。

しかもLINE Pay特典クーポンはLINE Payのチャージ&ペイでしか利用できないため、チャージ&ペイが0.5%還元になってしまうとこのクーポンを使うメリットも減りそうです。

2021年5月1日以降は支払いをどう使い分ける?

2021年4月30日までは最大3%還元だったVisa LINE Payクレジットカードが、5月1日からはクレジットカード払いで2%還元に、LINE Payのチャージ&ペイで払うと0.5%還元になってしまいます。

よって4月30日まではどの支払いでもVisa LINE Payクレジットカードで済んでいたのが、よりお得な還元率を求めるのであれば5月1日以降は支払いによって使い分ける必要がでてきました。

私の考えた支払いの使い分けはこんな感じです。

〈クレジットカード払いができる場合〉
→ Visa LINE Payクレジットカード払い(2%還元)

〈電子マネー払いができる場合〉
→ セゾンパールクレジットカードでQUICPay払い(3%還元)

〈納税する場合〉
→ Visa LINE Payクレジットカード払い(2%還元)

電子マネーのQUICPayで支払える場合は、2022年3月末までは「セゾンパール・アメリカン・エクスプレス・カード」でQUICPayを利用することによって3%還元となります。

ただし毎月のQUICPayの利用金額合計が1,000円に満たない場合は3%還元の対象になりません。毎月1,000円に満たない場合や少額の場合は、わざわざこのためにQUICPayで支払うよりも他の支払いにしてポイントを分散させない方がトータルではいいのかもしれません。

その他、d払いやau PAYで2〜3%以上に大きい還元キャンペーンをやっていて、かつスマホ決済払いに対応している店舗で支払う場合はもちろん還元率が高い支払い方法で済ます方がお得ですね。

Visa LINE Payクレジットカードは5月1日からは還元率が最大で2%に下がってしまい、私が重宝していたチャージ&ペイでの納税に関しては3%還元だったものが0.5%還元と大改悪です。

とても残念ではありますが、Visa LINE Payクレジットカードの還元率は2%と他よりも高還元。クレカ払いとしてなら、利用価値はまだまだあります。

2021年5月以降は自身と支払先に合った方法で決済することをおすすめします。




関連記事及び広告はこちら!