株主優待利用

【クリエイト・レストランツHDの株主優待券利用】つけめんTETSUでつけ麺初体験…つけ麺の存在意義とは?

【クリエイト・レストランツHDの株主優待券利用】つけめんTETSUでつけ麺初体験…つけ麺の存在意義とは?





郊外在住の私にとって、クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株主優待券の使い道はもはやワンパターン化していました。

しかし久々に都内に行く機会があったため、ここぞとばかりにクリレスの優待券が使えるお店へ行くことにしました。



つけめんTETSUでつけ麺を初めて食べてみた

今回私が訪れたのは、つけ麺専門店のつけめんTETSUです。実のところ私は今までの生涯で1度もつけ麺という食べ物を食べたことがないため、楽しみにしていました。

私が伺ったお店のメニューはこんな感じです。全体的にお高いですね。

つけめんTETSUのメニュー

つけめんTETSUでは入店してすぐにある券売機から食券を購入する必要があります。

券売機では優待券が使えないため、スタッフの方に声をかける必要があります。少々面倒です。

2021年後半のクリエイト・レストランツ・ホールディングスの株主優待が到着。優待制度や利用店舗などの優待詳細。株主優待制度の紹介。

今回は店員さんに優待券1,000円分を渡し、券売機で1,000円分入金してもらったので、ちょうど1,000円のメニューの辛つけめん並盛を食べることにしました。

店内はそんなに混んでいなかったのですが、20分くらい経ってからやっと注文したつけ麺が運ばれてきました。

つけめんTETSUの辛つけめん並盛つけめんTETSUの辛つけめん並盛

人生初のつけ麺だったので期待しながら一口目をすすってみると…「え?」という違和感が。麺はすごく太くて、つけ汁はドロドロで温度はぬるい。そしてうちの猫が喜びそうなレベルのものすごい鰹節の風味。

「お…おいしくない…」というのが第一の感想でした。唯一とてもおいしいと思えたのは、1枚だけ添えられたチャーシューのみです。

これは決してつけめんTETSUのつけ麺がまずいとかそういうことではなく、私の中ではつけ麺という食べ物のジャンル自体の存在意義がわかりませんでした。ラーメンでよくね…?ラーメンの方が美味しくね?と…。

でもこうしてつけ麺専門店が何店舗も出店して商売が成り立っているのですから、ただ単に私の味覚が現在にマッチしていないという事かもしれません。

つけめんTETSUのラーメンは一杯で1000円近くするのにも驚きです。私個人としては、一杯最安300円〜400円で食べられる幸楽苑のラーメンの方が何倍もおいしいと思いました。

つけ麺が私の口に合わなかったのは残念ですが、唯一救いなのは優待券で食事をしたため手出し0円だったことです。これがもし自分が稼いだお金で食べていたら、私の精神的ダメージは計り知れなかったと思います。ありがとう株主優待券。

もうこれから私がつけ麺を食べる事はないでしょう。クリレスHDの優待券はつけ麺以外で消費していこうと思います。




関連記事及び広告はこちら!