投資信託

【2022年11月】投資信託積立の運用状況【ポイ活】

楽天証券の100円積立投資の資産状況を公開





ポイント還元をきっかけに、2019年7月からまずは楽天証券で投資信託の積立を始めました。その後もポイント還元キャンペーンをきっかけに、SBI証券・auカブコム証券でも投資信託の積立をしています。

2022年11月分の積立投信の運用状況を公開します。



2022年11月の投資信託積立の運用状況

SBI証券の運用状況

2021年8月よりSBI証券でも投資信託の積立をしています。

きっかけはSBI証券での投資信託の積立を対象の「三井住友カード」での支払いで1.5%〜3%分のVポイントがもらえるという内容でしたが、現在は終了しており、私の還元率は1%です。

私は上限の5万円を「SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」に積立設定しています。

2022年11月の運用成績は以下のようになりました。(※2022年11月30日時点)

2022年11月の積立運用成績(トータル16ヵ月分)

〈積立額:800,100円〉→ 評価損益:848,597.99円(+48,455.88円)

積立によるVポイント付与額累計:10,750ポイント

800,100円の投資額に対し、トータル+48,455.88円の848,597.99円となりました。

(※1年ほど前に100円分のTポイントで購入した分も含まれています)

2022年11月のSBI証券・auカブコム証券・楽天証券のクレジットカード投資信託積立の運用状況

先月は6万円ほどのプラスだったところから微減となりました。

auカブコム証券の運用状況

2022年7月からは、auカブコム証券でも投資信託の積立を開始しました。

auカブコム証券では投資信託の積立を「au PAY カード」で決済すると、支払い額の1%分のPontaポイントがもらえます(※5万円分の積立まで)。そのため私は「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」に5万円(月1回)au PAY カードで積立をしています。これで月に500Pontaポイントがもらえます。

またスルガ銀行ネットバンク支店Gポイントクラブ引き落としで「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」におよそ4,650円(毎日150円)を積立設定しています。これで月におよそ200ポイント分のGポイントがたまります。

さらに「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」にも、ヤマダNEOBANK引き落としで毎月100円の投資をしています。口座振替(銀行引落)の利用が1件以上で月に10ポイントのヤマダポイントがもらえます。

auカブコム証券の積立分だけで、1ヶ月合計およそ710ポイント分をゲットできる計算です。

2022年10月の運用成績は以下のようになりました。(※2022年11月30日時点)

2022年11月の積立運用成績(トータル5ヵ月分)

〈積立額:218,606円〉→ 評価損益:219,823円(+1,217円)

積立によるPontaポイント付与額累計:8,000ポイント

積立によるGポイント付与額累計:800ポイント

積立によるヤマダポイント付与額累計:30ポイント

また、今月もau契約ユーザー特典の投信積立額5%還元キャンペーンのPontaポイント2,000ポイントが付与されました。(※現在キャンペーンは終了しています

218,606円の投資額に対し、トータル+1,217円の219,823円となりました。

2022年11月のSBI証券・auカブコム証券・楽天証券のクレジットカード投資信託積立の運用状況

先月から含み益は減りました。

楽天証券の運用状況

2022年9月から、また楽天証券でも投資信託の積立を再開しました。

ただし今までの楽天カード引き落としでは無く、スルガ銀行ネットバンク支店Gポイントクラブ引き落としです。楽天証券では2つのファンドに月1,000円以上積立ができます。

ファンドは先月からの「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」と、今回からは「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」も追加されました。Gポイントクラブ引き落としが2件で、20ポイントのGポイントがたまります。

そして2022年11月の運用成績は以下の通りです。(※2022年11月30日時点)

2022年11月の積立運用成績(トータル3ヵ月分)

〈積立額:5,000円〉→ 評価損益:5,064円(+64円)

積立によるGポイント付与額累計:50ポイント

5,000円の投資額に対し、トータル+64円の5,064円となりました。

2022年11月のSBI証券・auカブコム証券・楽天証券のクレジットカード投資信託積立の運用状況 2022年11月のSBI証券・auカブコム証券・楽天証券のクレジットカード投資信託積立の運用状況

こちらも含み益が半減しました。

以上、2022年11月のポイ活目当ての積立投資信託の記録でした。




関連記事及び広告はこちら!