通信

【キャッシュバック22,500円】携帯電話のメインSIMはy.u mobileを1年間使うことにした話【1年間実質ほぼ0円運用可能】

Y.U mobile(ワイユーモバイル)の料金プラン、キャッシュバックキャンペーンの紹介。Y.U mobileを一番安く契約する方法について。





楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」は、使用データ量が1GBまでならなんと無料という驚きの価格でした。

私の場合は現在利用中のLIBMOで月1GBのプランで済んでいるため、それなら1GBまで無料の楽天モバイルでいいかと思ったのですが、やはり電波が不安定のようでメインSIMで使うのは怖いなと思っていました。

そこで見つけたのが、格安SIMの「y.u mobile(ワイユーモバイル)」です。

y.u mobileでは2021年3月からプランを改定し料金が安くなり、さらに1年後にキャッシュバックを受けられる特典があり、1年間はかなり安く運用できることがわかりました。

ということで、y.u mobileをお得に運用する方法をブログにまとめました。



y.u mobileのキャッシュバックで1年間ほぼ無料に

y.u mobile(ワイユーモバイル)とは、ヤマダ電機とU-NEXTブランドのMVNOサービスで、回線はドコモです。

y.u mobileの特徴・プラン

y.u mobileの特徴は以下の通りです。

  • 有効期限のない「永久不滅ギガ」(※100GBまで)
  • 解約金0円
  • 1GB300円の格安チャージ
  • 修理費用保険つき

プランは音声通話SIM・データSIMともに「シングルプラン」と「シェアプラン」の2種類です。

2021年3月から現行プランのバージョンアップがあり、シングルプランは増量+値下げ、シェアプランは値下げ+2人での利用がお得になりました。

シングルプラン シェアプラン
容量 3GB→5GB 20GB
月額基本料 1,859円→1,639円 1〜2人利用:4,378円
3人利用:5,478円
4人:6,578円 

シングルプランの場合、容量が2GB増えたうえで基本料金は200円(税込220円)の値下げとなりました。

キャンペーンで22,500円がキャッシュバック

y.u mobileの音声通話SIMを申し込むと、22,500円がキャッシュバックされるキャンペーンがあります。(キャンペーンの適用は契約名義1人につき1回限り)

申し込み期限

2021年3月1日 12:00まで

キャッシュバック額

22,500円

キャッシュバック送付月

利⽤開始⽉から起算して13ヶ月⽬

適用条件
  • 申し込み月の翌月末日までに利用を開始していること
  • キャッシュバック送付⽉の1⽇時点でサービスを継続利⽤していること
  • キャッシュバック受取⼿続きをすること。

y.u mobileを13ヶ月間継続利用する必要がありますが、13ヶ月後に手続きを踏めば22,500円のキャッシュバックをうけられます。

2021年3月からはシングルプランで税込1,639円ですから、単純に月額利用料だけであればキャッシュバック分で補えます。お得ですね。

ついでにU-NEXTの無料体験も申し込むとさらにポイントゲットのチャンス

y.u mobileの登録には、U-NEXTのIDが必要です。

y.u mobileの登録時に無料のU-NEXT IDが作れますが、ここでおすすめなのが、ついでにU-NEXTの31日間無料トライアルを申し込むことです。(※不要なら31日後に解約をお忘れなく!)

申し込みはポイントサイトを経由すると、1,000円分以上のポイントがもらえます。今ならハピタスでは1,500ポイントと高還元です。

なおTwitterで見かけた情報ですが、ハピタスからU-NEXTに申し込んだ場合、Y.U mobile登録時にU-NEXT IDが適用されないようです。

ハピタスからU-NEXTに無料トライアルを申し込んだ際は、特典の「音楽chポイントサービス」を解約すればそのまま登録できるかもしれません。(私も後日試してみます)
→【追記】「音楽chポイントサービス」を解約した後にY.U mobileの申し込みをしたところ、無事IDが適用されました。ハピタス側に確認したところ、「音楽chポイントサービス」を解約してもポイント付与の対象になるそうです。

一番お得にY.U mobileを利用する方法

ここでは、y.u mobileのシングルプランで申し込む際に一番お得な方法を探したいと思います。

今考えられるy.u mobile最安の申し込み方法は以下の通り。

  1. モバレコから「Y.U mobile エントリーコード」を490円で購入する
  2. Y.U mobileのエントリーパッケージ購入特典のキャッシュバックページから申し込む

まずモバレコからy.u mobileのエントリーコードを490円で購入します。

エントリーコードを購入することで、契約事務手数料3,300円が0円になるメリットがあります。

購入後にエントリーコードが送られてきたら、y.u mobileのエントリーパッケージ購入特典専用のキャッシュバックページからシングルプランを申し込みます。

申し込みの際に16桁のエントリーコードを入力すると、事務手数料がかかりません。また、月額利用料が初月無料になります。

最安の申し込み内容例

(2021年2月に他社からMNPして申し込んだ場合)

MNP転出手数料:-3,300円
エントリーコード購入:-490円
SIM発行手数料:-440円
月額利用料(2021年2月分):0円
月額利用料(2021年3月〜2022年2月分):-19,668円
キャッシュバック:+22,500円

合計:-1,398円

月5GBで運用でき、その料金がトータルでたった1,398円の支出で済むならとてもお得だと私は感じました。

(ただし、現状はキャッシュバックが13ヶ月目に即されるのか不明のため、キャッシュバックの通知が遅れると契約が+1ヶ月増える可能性もありますが…)

MNPでは無く新規番号で、というならMNP転出手数料3,300円はかからないので、マイナスどころかプラスになります。なおMNPの場合、契約解除料がかかる会社の場合は違約金を取られてしまう場合もあるのでご注意ください。

また、先程紹介したU-NEXTの無料トライアルをポイントサイト等から申し込めば、ポイント分さらにお得です。

【追記】次のキャッシュバックは4ヶ月利用で1万円

上記で紹介したキャッシュバックキャンペーンは2021年3月1日12:00をもって終了し、新しいキャンペーンが始まります。

2021年3月1日12:00〜2021年5月31日12:00までのキャンペーンとして、4ヶ月y.u mobileを利用すると1万円がキャッシュバックされます。

5ヶ月ほどでプラスのまま利用したいのであれば、3月1日からのキャンペーンを利用するのもいいかもしれません。

まとめ

私はTOKAIホールディングスの株主優待が利用できるMVNOの「LIBMO」を1年以上契約していました。

100株保有の株主優待で毎月350円の割引が適用され、実際には毎月950円ほどの支払いでした。

安いことは安いですが、今回紹介したy.u mobileは何と言ってもキャッシュバックが非常に魅力的なので、とりあえず1年間はy.u mobileを利用したいと思います。

また、2020年4月に契約した楽天モバイルはサブ端末のまま、通話専用として0円運用を目指します。あと1年したら楽天モバイルも今よりまともな電波状況になってくれていることを願っています!

月々の通信料金は数ある出費の中でもかなり削減できる可能性があるジャンルです。

最近は携帯料金が安いプランが各社増えており、利用側としては嬉しい限りです。

今使っている携帯電話会社をそのままにしておくのはとてももったいないです。今より安くできるか、調べてみることをおすすめします。




関連記事及び広告はこちら!