通信

1GBまで0円も!楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の詳細まとめ

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」に申し込みについて





現在の楽天モバイルの楽天モバイルのプランは「Rakuten UN-LIMIT V」ですが、2021年4月1日から「Rakuten UN-LIMIT VI」へ自動でアップグレードします。プラン変更は無料で、手続きの必要はありません。

今回は、2021年1月29日に発表された楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を解説します。

な、な、なんと驚きの、最安プランは場合により0円での運用も可能な模様です…!

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」の内容

現在の「Rakuten UN-LIMIT V」は、2021年4月に「Rakuten UN-LIMIT VI」へ自動でアップグレードされます。プランの変更は無料、手続きも必要ありません。

現行プランと新プランの変更点

では、どういった点が変わるのでしょうか?

「Rakuten UN-LIMIT V」では、データ容量が月にいくら使っても無制限(※楽天回線エリアのみ。パートナーエリアの場合は5GB/月)で月額2,980円(税込3,278円)の一律料金でした。

2021年4月1日からの「Rakuten UN-LIMIT VI」では、月々のデータ利用料によって月額料金が変わります。

1GBまでなら0円も可能。「Rakuten UN-LIMIT VI」の金額プラン

「Rakuten UN-LIMIT V」の月々のデータ利用料と金額の違いは以下の通りです。

  • 1GBまで⇒0円 ※1
  • 1GB~3GBまで⇒980円(税込1,078円)
  • 3GB~20GBまで⇒1,980円(税込2,178円)
  • 20GB~(無制限)※2⇒2,980円(税込3,278円)

(※1)0円の対象になるのは、1人1回線1度のみの場合です。2回線目以降は0GB~3GBまで980円が適用されます。

(※2)データ無制限は、楽天基地局に接続時の場合です。それ以外のパートナーエリアでは、国内は5GB超過後は最大1Mbps、海外は2GB超過後は最大128kbpsで使い放題となります。

なんと月のデータ利用料が1GB未満の場合は、料金が0円になります。ただし、0円の対象になるのは1人あたり1回線目の1度のみです。

この『1回線目』の定義ですが、公式に回答がありました。

Q.何回線でも1GBまでは月額基本料0円ですか
A.お1人で2回線目以上お使いの場合、2回線目からは1GBまででも月額980円+税となります。
なお、一度ご契約されていた回線を解約された後に再度別回線を契約された場合でも、1回線目については1GBまでであれば月額プラン料金は0円となります。

Q.複数回線契約がある場合、「1回線目」の基準は何ですか
A.お申し込み日が最も過去の回線を「1回線目」として取り扱います。
利用月の月初にどの回線が1回線目に該当するかを判断します。
月中に回線数を変更した場合、翌月の1日に改めてどの回線が1回線目に該当するかを判断します。
その際、複数の回線契約のうち「1回線目」を解約された場合は、翌月の1日より、その時点でお申し込み日が最も過去の回線を「1回線目」に変更致します。

引用元:新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」について教えてください

「1回線目」とは、申し込み日が最も古い回線のことを指すとのことです。

なので仮に2回線を契約していて、1回線目を解約した場合は、2回線目だったものが新たな「1回線目」になるということでしょう。

また1回線だけ契約中で、その回線を解約し、新たに別回線を契約した場合は、その新たな回線が「1回線目」になります。

楽天モバイルの無料キャンペーンでサブ端末としてお試し感覚で申し込んでしまった人でも、楽天モバイルをメイン端末で0円運用したい人はサブ回線を解約し、メイン回線をMNPさせれば「1回線目」と認識されますね。

「Rakuten UN-LIMIT VI」その他メリット

データ利用料によって変わる金額に注目してしまいますが、その他もまとめます。

  • 通話し放題
  • 「1年無料キャンペーン」は継続
  • 1GB無料でもSPUの対象に
  • 申し込みは店舗でも可能
  • キャリアメールを夏から提供
  • 人口カバー率は夏までに96%

通話し放題

現行の「Rakuten UN-LIMIT V」ではRakuten Linkアプリを利用することによって、通話が時間に関係無く無料で話し放題になります。

新プランの「Rakuten UN-LIMIT VI」でもその条件は継続されます。

他社の場合は5分まで、10分までなどの制限がある中、楽天モバイルではRakuten Linkアプリでの利用が条件になってしまうものの、何分話しても無料なのは嬉しいです。

ただし、通話の品質はあまり良くない点はお気をつけください。

「1年無料キャンペーン」は継続

先着300万人まで楽天モバイルの利用料が1年間無料になる「1年無料キャンペーン」も継続されます。

現在(2021年1月29日時点)、すでに220万人が申し込んだそうです。残り80万人ですが、今回のキャンペーン発表により申し込みのペースが加速することが予測されます。

なお、すでに1年無料キャンペーンを申し込んで現在楽天モバイルを利用中の人は、2021年4月1日からは「Rakuten UN-LIMIT VI」に自動で変更されます。

1年間無料で利用し、無料期間が終了しても、月のデータ利用料が1GB未満であれば0円で運用できるのは破格です。(※ただし1回線目に限る)

1GB無料でもSPUの対象に

利用料が1GB未満で請求が0円の場合でも、SPU+1倍の対象になります。これによって、楽天市場での買い物でもらえる楽天ポイントが1倍増えます。

申し込みは店舗でも可能

他社の格安プランではネットのみの受付が多い中、申し込みはインターネットの他、楽天モバイル実店舗でも可能です。

キャリアメールを夏から提供

こちらも他社格安プランでは提供されないことが多いキャリアメールですが、楽天モバイルでは夏から提供を開始するとのことです。(個人的にはあまり必要ではないですが…)

人口カバー率は夏までに96%

2021年1月時点での楽天モバイルの自社回線の人口カバー率は、73.5%。3月末に80%を達成するという見込です。

そして2021年夏には人口カバー率が96%となる見込みだそう。楽天回線エリアはまだまだ都市部中心な気もするので、期待したいところです。

楽天モバイル

まとめ

ドコモが新プラン「ahamo」を出して以来、様々な格安プランが出ていますが、それも似たり寄ったりでahamoを上回る衝撃はありませんでした。

が、今回楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」はかなりぶっ飛んだ内容で、個人的にahamoを上回る衝撃でした!

なんといっても1GBまでなら0円という点です。世には20GBまでなどのプランが多いですが、自宅ではWi-Fiがあるしそんなに使わない…という人も結構いると思います。私も月に1GB消費しないので、この0円のプランは衝撃的でした。

問題は、楽天の自社回線の人口カバー率と、Rakuten Linkアプリによる通話品質の問題ですね。これが解消されれば私もメインを楽天モバイルに移行したいと思っています。

また、楽天モバイルの1年間無料キャンペーンは、先着300万名で現在220万人を超えたところです。メインで使うには怖い場合は、サブとしてお試しで利用してみるのもアリかと思います。

これからの楽天モバイルにも大いに期待しています!





関連記事及び広告はこちら!