年金・積立(iDeCo)

【3年目】iDeCo(イデコ) 2021年6月の運用成績

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の資産状況公開





個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)に申し込み、運用を開始してから36ヵ月が過ぎました。

iDeCo開始から3年目の、2021年6月の資産状況を公開します。



イデコの運用成績 3年目

私のiDeco(イデコ)の掛金は毎月24,000円です。
3年目となり、掛金の累計は864,000円となります。

iDeCo資産状況

6月29日時点のiDeco(イデコ)確定拠出年金個人型の資産状況です。

今までのiDeCoの掛金は累計で864,000円ですが、プラン変更に伴い一旦資産を現金化したため、拠出金の累計は898,808円となります。

イデコ資産状況(3年分)

〈拠出金累計:898,808円〉

資産残高 : 1,169,131 損益 :+270,323円(損益率 : +30.1%

先月はおよそ24万円のプラスだったところから、3万円ほど増加しました。

初心者の個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の3年目の資産状況を公開

iDeCo運用商品別の損益率

私の選んだファンドは、SBI証券iDeCoの「セレクトプラン」です。

今までのオリジナルプランでは日本株も半分組み込んでいましたが、現在はほとんど入れず、日本以外の世界・米国株中心です。

初心者の個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の3年目の資産状況を公開
商品タイプ 運用商品名 損益 損益率
内外株式 SBI・全世界株式インデックス・ファンド +80,149円 +29.8%
海外株式 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) +53,855円 +30.1%
海外株式 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス +54,975円 +30.7%
海外株式 ニッセイ外国株式インデックスファンド +27,490 +30.7%
海外株式 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) +56,932円 +31.8%

全てあまり大差はありませんが、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が一番パフォーマンスが高いです。

まとめ

以上、iDeco(イデコ)運用開始3年目の資産状況でした。

先月は上昇スピードが鈍くなっていましたが、まだまだ上がりそうです。

そしてiDeCoを始めてからちょうど3年目で、パフォーマンスが初めて+30%を超えました。これからもっと含み益が増えてくれると嬉しいです。




関連記事及び広告はこちら!