節約・おトク

【都民割】「もっとTokyo」で旅行がお得!キャンペーンの詳細まとめ

【都民割】「もっとTokyo」でお得に旅行する方法まとめ





最近は新型コロナも落ち着き、各自治体が独自に旅行代金を割引するキャンペーンも盛んに行われています。しかしそんな中、東京都だけは対象外でした。

東京都の周りの県ばっかり県民割でお得に旅行ができていた状態でずっともどかしい思いをしてきた都民ですが(少なくとも私だけは…)、今回やっと東京都民もお得に旅行ができるキャンペーンが始まります。

今回は2022年版「もっとTokyo」を活用して、お得に旅行する方法をまとめました。



「もっとTokyo」でお得に旅行をする方法

「もっとTokyo」とは

東京都による、東京都民を対象にした都内への旅行商品等への定額の支援を行う事業です。

もっとTokyo」の概要は以下の通り。

  • 東京都民が東京都内を旅行する商品が対象
  • ワクチン接種歴(3回)またはPCR検査等での陰性が確認できた人が対象
  • 宿泊旅行は1泊5,000円、日帰り旅行は1回2,500円の定額の助成(18歳以下は1,000円上乗せ)
  • 予約は取扱事業者へ直接申し込み

詳細を順に解説します。

東京都民が東京都内を旅行する商品が対象

割引の対象になるのは、旅行の予約及び催行時点で都内に住所がある人のみとなります。(予約時と宿泊時に身分証明書を確認)

また、東京都外を目的地・宿泊地とするものは対象となりません。

ワクチン接種歴(3回)またはPCR検査等での陰性が確認できた人が対象

割引の対象になるのは、ワクチンの接種歴が3回ある人もしくはPCR検査での陰性が確認できた人に限られます。

なお旅行出発時または宿泊施設へのチェックイン時に、確認書類を提出する必要があります。必要な確認書類は以下の通りです。

  • 予防接種済証
  • 接種記録書
  • 接種証明書
  • 接種証明書アプリ(デジタル庁)

※予防接種済証などを撮影した画像や写し(コピー)の提示でも可

宿泊旅行は1泊5000円、日帰り旅行は1階2500円の定額の助成(18歳以下は1000円上乗せ)

割引額は、宿泊旅行の場合は1泊5,000円(6,000円以上の場合に限る)、日帰り旅行の場合は1回2,500円(3,000円以上の場合に限る)の定額の助成となります。

最安で、宿泊旅行の場合は1泊1,000円、日帰り旅行の場合は1回500円の負担で済むことになります!

※ 1回の旅行の宿泊上限は1人5泊まで
※利用回数に制限はありません

また、18歳以下の場合はさらに1,000円が上乗せで助成されます。

予約は取扱事業者へ直接申し込み

割引を適用させるには、予約を取扱事業者(旅行会社、オンライン旅行会社、ホテル・旅館等の宿泊施設)へ直接申し込む必要があります。

キャンペーン期間

予約受付期間

2022年6月10日12時以降〜順次開始

※ 6月10日以降に予約が成立した「もっとTokyo」対象商品に適用

対象期間

2022年6月10日〜2022年7月31日までに完了する旅行商品

※ 8月1日チェックアウト分含

「もっとTokyo」割申し込み方法

  1. 取扱事業者の販売窓口・ウェブサイト等から「もっとTokyo」対象商品を直接申し込む
  2. 住民確認のための「身分証明書」、「ワクチン3回接種またはPCR検査等での院生が確認できる書類」、「利用申込書」が必要
  3. 割引後の額を支払い

対象となる旅行商品には、「もっとTokyo」が適用になることが明記されています。明記されていない場合は対象商品ではないため気をつけましょう。

旅行会社などで販売されている旅行商品は、あらかじめ助成額分を割引した金額で販売されています。そのため、利用者がもっと東京事業者に対して行う申請手続きはありません。

※上記旅行サイトで「もっとTokyo」割プランを扱うかは不明です。6月10日以降判明次第更新します。

さいごに

「もっとTokyo」のキャンペーンまとめでした。

助成は予算(25万泊分)がなくなり次第終了とのことです。各登録旅行業者等に対して事前に予算の配分を行うため、各事業所の配分額がなくなり次第販売終了となります。

仮に割り当てが少なかった場合はすぐに終了してしまう可能性が高いです。そのため、できるだけ早めの予約をおすすめします。

東京都は都内23区内の都会はもちろん、奥多摩や高尾山など自然もたくさんあり、さらに伊豆諸島や小笠原諸島までと意外にも範囲が広く幅広いレジャーが楽しめます。

感染対策にはしっかり気をつけて、東京都内の旅行を楽しみたいですね。



関連記事及び広告はこちら!