キャッシュレス

【付与特典はどのキャッシュレス決済がお得?】マイナポイント申込キャンペーンを比較

【最大1,500円分還元】PayPay・メルペイ・LINE Pay「セブン-イレブンで毎週100円相当を還元するキャンペーン」の詳細





「マイナポイント」とは、総務省が実施するマイナンバーカード取得者を対象としたポイント還元施策です。

マイナンバーカードを使って予約や申込みを行い、選んだキャッシュレス決済サービスでチャージや買い物をすると、利用金額の25%分が還元される仕組みです。

還元の上限は5,000円相当となっており、2万円までの利用が対象です。25%還元は大きいので、積極的に利用したいところです。

そのマイナポイントの決済事業者はかなりの数があります。中には独自に追加特典としてさらにポイントが還元されるものもあります。

マイナポイント事業の申込みの期限も迫ってきたので、今回は還元率が高い決済事業者を紹介したいと思います。




マイナポイント申込みキャンペーン比較

マイナポイントの決済事業者による独自キャンペーンで、還元率が高く、私が独断と偏見で選んだ4つを詳しくまとめました。

  • d払い(最大7,500円相当分の還元)
  • メルペイ(最大7,000円~???円相当分の還元)
  • WAON(最大7,000円相当分の還元)
  • ゆうちょPay(最大6,500円~7,000円相当分の還元)

d払い(最大7,500円分還元)

25%還元の対象

2020年9月1日~2021年3月31日の間に、d払いアプリにてチャージまたはd払い(コード決済・ネット)にて支払いをした金額

追加特典の内容

合計2,500円分のdポイント(最大)

追加特典①…1,500円分

2020年7月1日~2020年9月30日の期間中にマイナポイントに「d払い」を登録で1,500円分のdポイントを付与

追加特典②…1,000円分

マイナポイントにd払いを登録し、2020年9月1日~2021年3月31日の期間中に「d払いアプリにてチャージ」か「d払い(コード決済・ネット)で支払い」をすると、チャージ金額または支払額の5%分のdポイントを付与(上限1,000ポイント/合計2万円分の利用までが対象)

申し込み期限

2020年9月30日まで(追加特典①を達成するには)

d払いでは、d払いアプリにてチャージもしくは支払い(コード決済・ネット)をすると最大2万円までの利用で2,500円分のdポイントが還元されます。

マイナポイント事業分の5,000円分のポイントと合計で、最大7,500円分のポイントと大きな還元となります。

ただしよくあるd払いの還元キャンペーンと同様に、d払いの支払いをdカード以外のクレジットカードにした場合は追加特典②の対象外となるため要注意です。

また、付与されるポイントも有効期限が3ヵ月間の期間限定のdポイントとなります。期限内に使い切るようにしましょう。

  • 付与されるdポイントはポイント発行から有効期限3ヵ月間の「期間・用途限定ポイント」となります
  • d払いの支払い(コード決済)をdカード以外のクレジットカード、dカードプリペイドに設定していると、キャンペーン対象外となります
  • キャンペーンの対象になる支払いは、電話料金合算払い、dカードでの支払い、口座払いが対象です

マイナポイントd払いキャンペーンページ

メルペイ(最大7,000円分~???円分還元)

25%還元の対象

2020年9月1日~2021年3月31日の間に、メルペイで支払いをした金額

追加特典の内容

合計2,500円分のメルペイポイント(最大)

追加特典①…1,000円分

マイナポイントに「メルペイ」を登録し、本人確認を完了すると、2020年9月1日~2021年3月31日の期間中にメルカリでの買い物額に対して5%分のポイントが付与(上限1,000ポイント/合計2万円分までの買い物が対象)

追加特典②…1,000円分

マイナポイントにメルペイを申し込み後、2020年7月1日~2020年8月31日の期間中に「メルペイにチャージ」をすると、チャージ金額の10%分のポイントを付与(上限1,000ポイント/合計1万円分までのチャージが対象)

追加特典③…0円~???円分

2020年7月1日~2020年9月30日の期間中にマイナポイントにメルペイを申し込むと、抽選で合計約13万人に最大1,000万円(総額1億円)相当のポイントを付与

申し込み期限

2020年8月31日まで(追加特典②を達成するには)

メルペイでは、d払いアプリにてチャージもしくは支払い(コード決済・ネット)をすると最大2万円までの利用で2,000円分のポイントが還元されます。

マイナポイント事業の5,000円分のポイントと合計で、最大7,000円分のポイントです。

ただしその内の追加特典①の1,000ポイントは、メルカリを利用することによって付与されるポイントです。普段メルカリを利用するのであればメリットですが、メルカリを利用することがなければこの特典分のポイントはもらえません。

そしてメルペイ独自のキャンペーンとして、追加特典③の抽選があります。

  • 1等・・・1,000万円相当(1名)
  • 2等・・・100万円相当(10名)
  • 3等・・・5万円相当(150名)
  • 4等・・・5,000円相当(1500名)
  • 5等・・・500円相当(130,000名)

1等の1,000万円~4等の5,000円相当までは当たる確率は低そうですが、5等の500円相当は13万人に当たるため、当選確率はかなり高そうです。

もしメルカリを利用もして、仮に抽選で5等の500円相当が当選した場合の総還元額はd払いと同じく2,500円相当と並びます。

ひょっとすると抽選で高額当選…なんていう夢もありますし、メルカリを利用する人であればメルペイを選ぶのもいいかもしれません。

  • 特典の一部はメルカリでの利用に限定
  • 抽選は5等であれば当選の可能性が高い(と予想)

マイナポイントメルペイキャンペーンページ

WAON(最大7,000円分還元)

25%還元の対象

2020年9月1日~2021年3月31日の間に、WAONにチャージをした金額

追加特典の内容

合計2,000円分のWAON(最大)

追加特典…2,000円分

2020年9月1日~2021年3月31日の期間中に、WAONにチャージした金額の10%を還元(上限2,000円分/合計2万円までのチャージが対象)

申し込み期限

2021年3月31日まで

電子マネーWAONでは、最大2万円までのチャージで2,000円分がWAON残高に還元されます。

マイナポイント事業分の5,000円分の還元と合計で、最大7,000円分の還元となります。

単純に2万円までのチャージで最大2,000円分がWAON残高に還元されるため、ややこしくなくシンプルです。普段からWAONで支払いしている人にはいいですね。

  • チャージ分の35%分が残高に還元される形のため、仕組みがシンプル

マイナポイントWAONキャンペーンページ

ゆうちょPay(最大6,500円分~7,000円分還元)

25%還元の対象

2020年9月1日~2021年3月31日の間に、ゆうちょPayで支払いをした金額

追加特典の内容

合計1,500円~2,000円分のゆうちょPayポイント(最大)

追加特典①…500円分

2020年7月1日~2020年8月31日の期間中に、ゆうちょPayを新規にダウンロード・口座登録を完了でゆうちょPayポイント500円相当を付与

追加特典②…1,500円分

2020年7月1日~2021年3月31日の期間中に、マイナポイントで「ゆうちょPay」を選択し申し込みを完了させると、1,500ポイントを付与

申し込み期限

2020年8月31日まで(追加特典①を達成するには)

ゆうちょPayでは、マイナポイントでゆうちょPayを申し込むだけで1,500円相当のポイントが付与されます。

マイナポイント事業分の5,000円分の還元と合計で、最大6,500円分の還元となります。

さらに8月31日までの期間限定でゆうちょPayをまだ利用したことがないユーザーを対象に、500円相当のポイントが付与されるキャンペーンも実施されています。このキャンペーンも合わせると、合計で2,000円分の還元となります。

  • 申し込むだけで1,500円相当のポイントがもらえる

マイナポイントゆうちょPayキャンペーンページ

それ以外の支払いは、それほど…

上記4つ以外の主要な決済事業者では還元率はそれほど高くなく、魅力的なものがあまりないと判断し、詳細は省きます。

決済事業者 追加特典額(最大) 最短の申込み期限
d払い 2,500円 9/30
メルペイ 2,000円~???円 8/31
WAON 2,000円 3/31
ゆうちょPay 1,500円 3/31
Suica 1,000円 3/31
au PAY 1,000円 3/31
nanaco 500円 8/31
楽天ペイ 500円 9/30
ファミペイ 500円 -(先着10万人)
PayPay 0円~???円(抽選) 8/31
LINE Pay 1,500円 8/25

まとめ

以上、マイナポイント申込みキャンペーンの比較でした。

追加特典額をメインに紹介しましたが、追加特典がしょぼいものでもどれもマイナポイント事業分として最大5,000円相当は還元されます。

追加特典だけを見ずに、トータルで自分にとって利用しやすい決済事業者を選ぶことをおすすめします。




関連記事及び広告はこちら!