買い物・レビュー

ドラム式洗濯乾燥機の購入はネットではなく実店舗がおすすめ【価格交渉の末…】

ドラム式洗濯乾燥機の購入はネットではなく実店舗がおすすめ【価格交渉の末…】





先日、長いこと待ったドラム式洗濯乾燥機がやっと家に届きました。

ドラム式洗濯乾燥機を買いたいと思いつつ、今までなかなか買うのを躊躇していたのは価格面です。

今回やっとのことで購入まで至ったわけですが、当初考えていたネット通販での購入よりも、実店舗の家電量販店での購入で結果より安く買うことができました。

今回は、家電量販店で価格交渉をした結果どのくらい値下げしてもらえたのか、また値下げの内容を紹介します。



ドラム式洗濯乾燥機はネットより実店舗で買うのがおすすめ(値下げ交渉の余地あり)

狙った機種はパナソニックのNA-VX900B

私が選んだ洗濯機は、パナソニックのNA-VX900Bです。

パナソニックはドラム式洗濯乾燥機の中でも全体的に価格が他のメーカーの洗濯機より高めの強気設定で、その中でもNA-VX900Bは最上位機種です。

高価格にひるみますが、ヒートポンプ乾燥のため他のメーカーのものよりも洗濯のランニングコストが一番低い点、洗濯時間が短い点、水洗いできないものもナノイーで除菌できる点などを含めて、NA-VX900Bを買うことに決めました。

洗濯機のネット通販は見た目以上に高くなる

ネットから家電を買う際に価格.comはひとつの指標になるかと思います。

価格.comに載っている最安値上位のものは、実店舗の販売価格よりも確かに安いです。

ただし最安値の上位はほとんどが大手家電量販店ではなく、洗濯機の価格以外にも余計な支払いが必要なことが多々あります。

例えばクレジットカード払い非対応だったり、送料・設置料は有料だったり、延長保証は有料だったりする点です。

それに対し家電量販店ではクレジットカード以外にもスマホ決済などでポイントやクーポンが使えるのでお得に支払いができたり、送料や設置料のサービスをつけることも可能です。

交渉次第ではありますが、洗濯機は高額品になればなるほど値下げがしやすいため、通販よりも実店舗での購入をおすすめします。

家電量販店での価格交渉の結果

NA-VX900Bのネット通販の価格は、だいたい30万円程です。価格.comでの最安値はおおよそ26万円ほどでありますね。

このネットの最安値価格を前提に、家電量販店で価格交渉をしてきました。

ちなみに、私が行った日はどこのお店でもNA-VX900Bの店頭価格は30万円(税抜)ほどと横並びでした。

1店舗目

30万円(税抜)の状態から価格を交渉しましたが、結論から言うと、パナソニックのNA-VX900Bは売れ筋なのか交渉できませんでした。(その店員さんの推しの他のメーカーの洗濯機は安くなりましたが…)

価格.comの最安値を私が指摘すると、最安値でも送料と設置費用が別だから、それらを足すと結局この店頭価格と同じくらいになると説明され、全く値下げする気がない様子だったので諦めました。

2店舗目

2店舗目に行ったお店では、1店舗目での店頭価格を初めに伝えて交渉しました。

すると、税抜30万だったところから税込295,000円になり、さらにポイントが3万円分つくように変更してもらえました。

ポイント分を入れると実質税込265,000円です。元が税込33万円だったので、6万円以上安くなった計算になります。

ここで決めてもよかったのですが、正直ポイントではなく現金で値下げしてくれた方がありがたいので、一旦保留にしてもう1店舗行くこともしました。

3店舗目

2店舗目の値下げ内容を販売員の方に伝えたところ、すんなり価格を交渉してもらえました。

こちらは2店舗目と違いポイントではなく現金分値下げをしてくれて、税込265,000円+ポイント2,500円分がつきました。

なにか他に欲しい物があれば別ですが、私は特に洗濯機以外欲しいものが無かったのでポイントよりも現金で値下げしてくれる方が嬉しいです。

2店舗目と比べると3店舗目は実質的には2,500円分しか安くなっていないものの、こちらで即決しました。

また、LINE Payのクーポンと支払いができる家電量販店だったため、3%オフクーポンをセットしてLINE Pay払いをしたことで支払額は3%オフの257,050円になり、さらにLINEポイントが3%分の7,711ポイントが貯まりました。実質25万円以下で購入できたことになります。

NA-VX900Bが発売されてからまだ数ヶ月ほどと値下げは諦めていましたが、価格.comの最安値よりも安く買えて満足です。

まとめ

初めはどこの店頭でも税込33万円ほどだった洗濯機が、価格を交渉することで結構安くなることがわかりました。

「価格交渉」というとちょっと苦手な人もいるかと思いますが(私も苦手です…)、「〇〇では△△円で提示されたんですが…」とやんわり話かけるだけで結構対応してくれる店員さんが多いかと思います。値下げをしてくれなそうだったら、諦めて次のお店に行くだけです。

洗濯機を安くするコツとしては、

  1. 土日に行く
  2. 最低2店舗以上まわる

の2つが重要だと思います。

土日は平日よりも販売員さんが多いのでつかまりやすく、価格交渉がしやすい可能性があります。

私は3店舗目で終わりましたが、前に行った店舗の価格を提示すればするほど少しずつ安くなっていく傾向があったため、1店舗目で満足せず、2店舗目、3店舗目と多く足を運んだ方が安くするチャンスはあります。

また、たくさん周るには土日の方がゆっくりできておすすめです。

ドラム式洗濯乾燥機ともなると元々の価格も高額になり、価格交渉次第で実質的な支払額も大きく変わってきます。

洗濯機などの高額品を購入する際は、ネット通販よりも実店舗の家電量販店で、できるだけど多く価格交渉をすることをおすすめします!



関連記事及び広告はこちら!