株主優待

【お買物優待券】2020年後半・ヤマダ電機から株主優待が到着

ヤマダ電機(9831)の株主優待が到着【2020年】





2020年12月12日に、ヤマダ電機(9831)から株主優待が到着しました。
今回は2020年9月権利取得分の、ヤマダ電機の株主優待を紹介します。



ヤマダ電機の株主優待内容

ヤマダ電機(9831)
  • 株価:520円(2020/12/14 終値)
  • 必要投資金額:52,000円(100株の場合)

ヤマダ電機の株式を毎年3月と9月末日時点で100株以上保有すると、株主優待券としてお買物優待券がいただきます。

株主優待券の枚数は保有株式数と保有年数によって変わります。

3月のみ
保有株式数 継続保有1年未満 継続保有1年以上 継続保有2年以上
100株以上 1000円分(500円券×2枚) 2500円分(500円券×5枚) 3000円分(500円券×6枚)
500株以上 2000円分(500円券×4枚) 3500円分(500円券×7枚) 4000円分(500円券×8枚)
1000株以上 5000円分(500円券×10枚) 6500円分(500円券×13枚) 7000円分(500円券×14枚)
10000株以上 25000円分(500円券×50枚) 26500円分(500円券×53枚) 27000円分(500円券×54枚)
9月のみ
保有株式数 継続保有1年未満 継続保有1年以上 継続保有2年以上
100株以上 2000円分(500円券×4枚) 2500円分(500円券×5枚) 2500円分(500円券×5枚)
500株以上 3000円分(500円券×6枚) 3500円分(500円券×7枚) 3500円分(500円券×7枚)
1000株以上 5000円分(500円券×10枚) 5500円分(500円券×11枚) 5500円分(500円券×11枚)
10000株以上 25000円分(500円券×50枚) 25500円分(500円券×51枚) 25500円分(500円券×51枚)

1年以上、2年以上と継続保有すればするほど、もらえる優待券の枚数が増えます。

特に100株に関しては、3月権利分であれば2年保有で3倍の優待額です。100株保有が一番優待利回りが高くなります。

株価データ

ヤマダ電機の株主優待・お買物優待券

2020年9月権利分のヤマダ電機(9831)の株主優待の内容の詳細。有効期限や利用方法についての解説。

ヤマダ電機の株主優待券は、全国のヤマダ電機系列店で利用可能です。

利用可能店舗
  1. ヤマダ電機・沖縄ヤマダ電機・九州テックランド及び、国内のベスト電器各店舗で使用可能。
    但し、ヤマダ電機(リングス店)及び、ベスト電器の一部店舗では使用できません。
  2. グループ会社のマツヤデンキ・星電社は、テックランド及びLABI業態店舗に限り利用可能です。

買上金額1,000円(税込)ごとに1枚利用可能で、最大51枚まで使えます。(※9月権利分の場合。3月権利分は最大54枚まで。)

同業のビックカメラの株主優待券と違い、全額優待券で支払いできる形ではなく1,000円ごとに500円割引される形です。うまくいけば半額券となりますが、少し計算が面倒なのがデメリットです。

2020年9月権利分のヤマダ電機(9831)の株主優待の内容の詳細。有効期限や利用方法についての解説。今回の優待券の有効期限は、2021年6月30日までとなります。

今までは優待券到着から2週間ほど利用できない期間がありましたが、今回は特に記載が無かったため到着してすぐに使えそうです。

今回のヤマダ電機優待の感想

私はヤマダ電機の株100株を2年以上保有に該当するため、今回は500円分のお買物優待券を5枚(合計で2,500円分割引)いただきました。

ヤマダ電機の株主優待券は、主に日用品を購入するのに使っています。日用品はスーパーやドラッグストアと比較すると若干高めの値段ですが、チラシ掲載品を狙うとそこそこ安く、さらに優待券を使うことにより半額近くで買い物ができます。

株価は半年前と比べてほぼ変わりなく冴えません。

ヤマダ電機は配当もありますし、現状の優待制度が維持される限りこのままホールド予定の放置銘柄です。

当記事は個人的な見解を含みます。投資は自己責任でお願いいたします。




関連記事及び広告はこちら!