株主優待

【お買物優待券】2021年・ヤマダホールディングスから株主優待が到着

ヤマダホールディングス(9831)の株主優待が到着【2021年】





2021年6月30日に、ヤマダホールディングス(9831)から株主優待が到着しました。
今回は2021年3月権利取得分の、ヤマダホールディングスの株主優待を紹介します。



ヤマダホールディングスの株主優待

ヤマダホールディングス(9831)
  • 株価:496円(2021/7/9 終値)
  • 必要投資金額:49,600円(100株の場合)
  • 予想PER:7.97倍
  • 実績PBR:0.63倍
  • 予想配当利回り:3.63%

ヤマダホールディングスの株式を毎年3月と9月末日時点で100株以上保有すると、株主優待券としてお買物優待券がもらえます。

前回までは保有株式数と継続保有年数によって優待券の枚数が変わりましたが、今回から株主優待制度が変更(改悪)されて長期保有制度はなくなりました。

例えば今までは100株保有(2年以上継続保有)の場合は年間で優待券11枚もらえていたものが、今回からは年間3枚と大幅減となります。

株主優待券の枚数は保有株式数と保有年数によって変わります。

保有株式数 3月末 9月末
100株以上 1枚 2枚
500株以上 4枚 6枚
1,000株以上 10枚 10枚
10,000株以上 50枚 50枚

株価データ

ヤマダホールディングスの株主優待・お買物優待券

2021年3月権利分のヤマダホールディングス(9831)の株主優待の内容の詳細。有効期限や利用方法についての解説。

ヤマダホールディングスの株主優待券は、全国のヤマダ電機系列店で利用可能です。

買上金額1,000円(税込)ごとに1枚利用可能で、最大50枚まで使えます。

同業のビックカメラの株主優待券と違い、全額優待券で支払いできる形ではなく1,000円ごとに500円割引される形です。うまくいけば半額券となりますが、少し計算が面倒なのがデメリットです。

今回の優待券の有効期限は、2021年12月31日までとなります。

今回のヤマダホールディングス優待の感想

今回は家族取得分として、100株保有分の優待券1枚をいただきました。私は優待改悪後に薄利で売却しました。

先日ヤマダ電機へ優待券の消費に行った際、以外にも日用品や食品で色々と買い物ができたので、割引券だとしても結構良い優待券だと実感したのですが…。優待が大幅改悪で本当に残念です。

最近は家電系の銘柄の株価が低迷しており、ヤマダホールディングスより魅力的な銘柄もあります。そのため、残念ながらヤマダホールディングスの株を買うことは優待制度が改善しない限り無いかと思います。

当記事は個人的な見解を含みます。投資は自己責任でお願いいたします。




関連記事及び広告はこちら!