節約・おトク

ワイモバイルの契約プランを新プランの「スマホベーシックプラン」へ変更。メリットしかありません

ワイモバイルの「スマホプラン」から「スマホベーシックプラン」へプラン変更する手順、旧プランと新プランの比較など。





私はワイモバイルのスマホユーザーで、2年間ずっと「スマホプラン」を契約していました。

契約から2年が経ち契約更新月となりましたので、現在の「スマホプラン」から新プランの「スマホベーシックプラン」へプラン変更の申し込みをしました。

旧プランを2年以上契約している人にとっては新プランの方が確実にお得になりますので、内容と変更方法を紹介します。



現状、ベーシックプランへ変更しない手は無い

2019年10月1日以降、ワイモバイルのスマホプランは新プランの「スマホベーシックプラン」となりました。

旧プランと新プランを比較すると、全てにおいて新プランの方がメリットがあります。

旧プランと新プランの比較

2019年9月30日までの旧プラン「スマホプラン」の詳細は下記の通りです。

料金プラン 月額基本使用料 高速データ通信容量
スマホプランS 2,980円 2GB
スマホプランM 3,980円 6GB
スマホプランR 4,980円 10GB
スマホプランL 5,980円 14GB

2019年10月1日からの新プラン「スマホベーシックプラン」は下記になります。

料金プラン 月額基本使用料 高速データ通信容量
スマホベーシックプランS 2,680円 3GB
スマホベーシックプランM 3,680円 9GB
スマホベーシックプランR 4,680円 17GB

新旧どちらのプランも、10分間無料通話が付いています。

比較をすると、いずれも新プランの方が料金が安くなりデータ通信容量も多いです。

そして何よりも旧プランでは2年縛りなのに対して、新プランは契約解除料がかからず何の縛りも無くなります。

新プランが全てにおいて条件がよくなっています。変えられる人は今すぐ変更した方が翌月から安くなります。

ベーシックプランへの移行条件

新プランの「ベーシックプラン」へ変更するのは、契約更新月の人は無料で変更できます。

ただし、2019年10月1日以降、契約更新月以外の期間に「スマホベーシックプラン」へ料金プランの変更申込みをしたい場合は、以下の条件を満たしている場合契約解除料(9,500円)が免除されます。

  • ワイモバイルを継続して2年以上契約している場合
  • 機種変更と同時に変更後対象プランににプラン変更する場合

プラン変更のためだけに機種変更をするには新たにお金がかかってしまいますが、2年以上契約しているという条件であれば余計な支出はありません。

ベーシックプランへ変更の申込みをしました

ワイモバイルの「スマホプラン」から「スマホベーシックプラン」へプラン変更する手順、旧プランと新プランの比較など。

ワイモバイルのプラン変更は、スマホの「My Y!mobile」からログインして申し込めます。

ホーム画面の【お手続き】「料金プランの変更」から「料金プラン変更」を開き、プランを選択します。

現在「スマホプランS」を契約中の私は「スマホベーシックプランS」を選択しました。

「手続き内容をあとで確認する方法」で【WEB】か【書面】かどちらかを選んで、「変更内容を確認する」をクリックします。

確認画面で間違いが無ければ、これでプラン変更の申し込みは完了です。新プランは翌月から適用されます。

次回からはいつ解約しても違約金は取られないので、来月格安SIMへMNPしたいと思います。(11月11日のいい買物の日の還元目当てでワイモバイルに残ってみました。)

まとめ

現在旧プランの「スマホプラン」を契約中の人は、自らアクションをとらないとずっとスマホプランが継続されてしまいます。

契約更新期間の場合や、ワイモバイルを2年以上契約している場合は無料ですぐに「スマホベーシックプラン」へ申し込みができますので、変更の申し込みをしてはいかがでしょうか。

ワイモバイルオンラインストア




関連記事及び広告はこちら!