買い物・レビュー

【2021年】買ってよかったもの&残念だったものを紹介

2019年・個人的に買ってよかったものランキング





2022年が始まってもう1週間以上が経ちました。

が、当ブログで毎年恒例の、2021年に私が買い物した中で買ってよかったものと、正直微妙だったな…と思ったものを遅ればせながら紹介していきたいと思います。



2021年・買ってよかったもの

1.サンコー・食器洗濯機「ラクア」

1年で買い物した中で1番買って良かったと思うものは、サンコーの食器洗濯機です。

今まで食洗機は電気代がかかるし手で洗った方が節約になる…と思いためらっていたのですが、もっと早く買っておけばよかった!と感じています。

公式の電気代は1日2回使用でおよそ92円ほど。しかし我が家では、節電のエコモードで食器を洗ってもらった後、電源を切って自然乾燥させているので、乾燥時の電気代がかからないためもう少し電気代が安く済んでいるかと思います。

庫内で乾燥せずに食器が乾くのかというと、60度以上のお湯で食器を洗浄するため、その熱で十分自然乾燥で乾きます。(ただし素材がゴムやプラスチック製の場合は自然乾燥しづらいです。)

価格はサンコー直営オンラインショップからの購入の場合は29,800円と、amazonや楽天市場での購入より少しお得です。

水道いらずのタンク式食器洗い乾燥機 「ラクア」

食洗機本体の価格と毎回かかる電気代がネックではありますが、手で洗うよりも明らかに水道代と手洗いに費やす時間は節約できているため、トータルでは断然お得だと私は思っています。

2.ダイソー・ケーブルクリップ

ダイソーのケーブルクリップ(4本固定型)

買ってよかったもの第2位は、ダイソーの「ケーブルクリップ(4本固定型)」です。

私はiPhone .ipad mini 、iPad Pro、Apple Watch…などなど様々なApple製品を使用しているため、デスク周りの充電ケーブルがごちゃついてしまったり、床に落ちてしまうことがあり困っていました。

このダイソーの商品を使うと、 デスク周りのコード類をすっきりと収納できます。

アマゾンでも同じような商品が販売されていますが、そちらは800円〜1,000円ほどします。

当然こちらはダイソーの商品なので、税込み110円。非常にコスパが良いのでおすすめです。

3.パナソニック・洗濯乾燥機「NA-VX900B」

買ってよかったもの第3位は、パナソニックの洗濯乾燥機「NA-VX900B」です。

私が1番嫌いな家事は洗濯です。今まではマンションやアパート住まいだったためあまり気にならなかったのですが、一軒家に引っ越してから1階から2階のベランダへの移動が非常に苦痛になりました。

洗濯乾燥機があれば、洗濯物を洗濯機の中に入れれば洗濯から乾燥までが完結します。これで洗濯の苦痛から私は解放されました。

ただし、ネックは価格と電気代です。

私が買った「NA-VX900B」は大体300,000円ほどで販売されていました。なかなか簡単に買える値段ではありません…。

さらに乾燥までする場合、普通の洗濯よりも確実に電気代がかかります。

私の購入した洗濯乾燥機は1回の電気代が27円ほどです。私自身としては27円で洗濯の家事から解放されるのであれば安いと思うのですが、これは個人差があるかと思います。

4.+Style・LEDベッドサイドランプ

こちらのランプは、Amazon AlexaやGoogle Home等のスマートデバイスに対応しています。

私は部屋にGoogle Home miniが置いてあるので、真っ暗な部屋でもGoogle Homeに呼びかければ照明のオン・オフができとても便利です。

明るさや色などもアプリ経由でとても細かく設定でき、私は主に夜寝る前の照明として利用しています。

5.ワコム・板ペンタブレット「PTH460」

まず私は、過去に買ったワコムの液晶ペンタブレット3台のうち二台が故障して使い物にならなくなってしまった理由から、ワコム製品はできる限り使いたくないと思っているワコムアンチです。

ワコムの液晶ペンタブレットに関しては上記の通り故障が多く二度と使いたくないと言う理由からiPadに行き着いたわけですが、板状のペンタブレットは違います。

絵を書く際に液タブがわりにiPadを利用するようになったものの、仕上げはパソコンでやったほうが効率が良いため、必要になってくるのはいたタブレットです。

私はワコムの「Intuos4」を10年間ほど利用しており、現在も問題なく動作しています。

しかしmacOSでは「Intuos4」が正常に動作するのはmacOS Catalinaまでで、ビッグサーからは動作しないようになってしまいました。

しばらくは我慢してOSをカタリナのまま使用していたのですが、今後のことを考えると新しいOSにしたいと思い、Big Surに対応しているこの商品を購入しました。

有線から無線になったことで余計なコードが減りました。また、中サイズ(ミディアム)を利用していましたが、小さいのものでも充分使えそうだと判断し、一番小さいSサイズを使っています。現状これで問題ありません。

購入前は悩んでいましたが、結果的にデスク周りがすっきりして購入して良かったと思います。

実はワコムの板タブ購入前に中華製の非常に安価な板タブを購入したものの、クリックの反応が遅いなど非常にストレスで返品し、ワコムの板タブの購入に至りました。

ワコム製品は相変わらず信頼していませんが、悔しいですが板タブに関してはやっぱりワコム一強だと感じました。いくら安くても中華製のタブレットはまだまだといった印象です。

2021年・買って残念だったもの

Apple ・ Magic Trackpad

およそ1年ほど前にApple信者となった私が唯一持っていなかったものが、Magic Trackpadでした。

評価を見るとMagic MouseがいらなくなるほどMagic Trackpadの評価が高かったため、これはきっといいものだろうと買ってしまいました。

しかし実際に使ってみると、クリックするのが私には苦痛で、Magic Mouseのように細かいところを的確にクリックするにはまどろっこしさを感じました。

役にたつのは拡大・縮小とウェブブラウザの戻る・進む機能だけでしょうか。

さらに、先日Magic Trackpadのカチッと言うクリックがきかなくなり、不具合か、故障のような症状に見舞われています。(未だ解決していません)

価格は13,000円ほどと決して安くない買い物だったため、期待して買ったものの期待はずれの買い物となってしまいとてもがっかりしました。

【中立】良い点も悪い点もあり

Apple・AirPods Pro

Apple製品との連携は非常によく、iPhoneで聴いていてもiPadを開くとそちらにすぐ接続できてとても便利です。

ただ私の場合は音質にはあまりこだわらないため、AirPods Proを買う必要性はそこまで高くなかったかなと感じています。

価格は30,000円ほどと決して安くないため、音質にこだわらないのであればもっと安いワイヤレスイヤホンでも充分だったかもしれません。

さいごに

2021年は、私が途中からミニマリズムに目覚めた年です。

そんなにモノを買った覚えがないのですが、記事を書くにあたって買ったものを調べてみると意外と買っていて驚きました。笑

2021年は断捨離も始めて、モノを買ったら捨てるのも大変だと言うことを痛感した年でもあります。

これからはより一層何かモノを買うときはそれが自分にとって恩恵があるものか、役に立つかどうかをよく吟味して選びたいと思いました。




関連記事及び広告はこちら!