節約・おトク

「Go To Eat キャンペーン」がお得すぎる!還元内容の紹介と注意点

「Go To Eat キャンペーン」がお得すぎる!内容の紹介と注意点





キャンペーン加盟の飲食店でお得に食事ができる「Go To Eat キャンペーン」が2020年10月1日より始まりました。

旅行代金が最大半額になる「Go To トラベルキャンペーン」もとてもお得だとは思いますが、個人的にはこの「Go To Eat キャンペーン」の方が利用しやすく、また使い方によっては実質タダ飯!?なんていうチャンスもあったりして、とても期待しているキャンペーンです。

今回は「Go To Eat キャンペーン」の内容や注意点を紹介していきます。



Go To Eat キャンペーンの内容

「Go To Eat キャンペーン」とは、感染予防対策に取り組みながら営業している飲食店、および食材を供給する農林漁業者を支援するために国が取り組んでいるキャンペーンです。

Go To Eat キャンペーンの利用法は以下の2つがあります。

  1. 登録飲食店で使えるプレミアム付食事券の発行
  2. オンライン飲食予約の利用によるポイント付与

それでは詳しく紹介していきます。

1. 登録飲食店で使えるプレミアム付食事券の発行

地域の飲食店で使えるプレミアム付食事券が、各都道府県等の単位で販売されます。

  • プレミアム付食事券は、販売額の25%を国が負担
    (例:12,500円の食事券は10,000円で購入可能)
  • プレミアム付食事券で支払いの場合、おつりはでません
  • 1回の購入にあたり、20,000円分までの購入制限があります
    (※エリアによっては8,000円単位での販売となり、購入上限が16,000円分までとなる場合があります)
  • 販売期間は、2021年1月末まで
  • 有効期限は、2021年3月末まで

地域の販売窓口などでプレミアム付食事券を購入し、飲食店での代金を食事券で支払う形となります。実質25%オフで食事ができ、お得な内容です。

なお、デリバリーやテイクアウト専門店は対象外になります。(ただし、登録飲食店が自ら行うデリバリーやテイクアウトは対象とのこと)

また、プレミアム付食事券は各都道府県単位で販売されるため、現状対応しているのはまだごく一部だけとなっています。

2. オンライン飲食予約の利用によるポイント付与

オンライン飲食予約サイト経由で、キャンペーン期間中に予約・来店をした人に対し、
次回以降にキャンペーン参加飲食店で利用できるポイントが付与されます。

  • 付与されるポイントは、昼食時間帯は500円分 / 夕食時間帯(15:00~)は1,000円分
  • ポイント付与の上限は、1回の予約あたり10人分まで
    (最大10,000円分のポイント)
  • ポイント付与の期間は、2021年1月末まで
  • ポイントの利用期限は、2021年3月末まで

オンライン飲食予約サイトに登録したうえ、予約・来店をすることにより、1名につきランチ時間帯は500ポイントが、それ以外の時間帯(ディナー)では1000ポイントが付与されます。

【追記】ポイント付与の条件が変更されました

来店日が2020年10月10日0時以降の予約の場合は、飲食店での会計金額が1人様あたりランチタイム(7:00~14:59)500円(税込)ディナータイム(15:00~6:59)1,000円(税込)以上の場合に、Go To Eatキャンペーンポイントの加算対象となりました。

簡単な流れは以下の通りです。

【来店1回目】
  1. 消費者側・・・予約・来店し、支払いをする
  2. 飲食店側・・・来店確認でポイント付与
【来店2回目】
  1. 消費者側・・・予約・来店し、ポイントを使って食事
  2. 飲食店側・・・代金からポイント分割引&次回使えるポイントも付与

ランチ時間帯の場合、例えば500円以上のランチを食べて、後日500ポイントが付与されます。その500ポイントは次回食事をした際の支払いに充てることができるため、ほぼほぼ0円付近で食事をすることも可能です。

Go To Eat キャンペーンの注意点

…と、とてもお得なGo To Eat キャンペーンではありますが、消費者側からすると注意したい点もあります。

  • 付与されるポイントは予約サイト内でしか使えない
  • 詳細条件はオンライン飲食予約サイトによって違うことも
付与されるポイントは予約サイト内でしか使えない

キャンペーン加盟のオンライン飲食予約サイトから予約をし、飲食をするとキャンペーンのポイントが付与されます。

しかし、そのポイントはそのオンライン飲食予約サイトでしか使えないポイントです。

そのため、Go To Eat キャンペーンを利用して飲食をする場合はできるだけポイントを統一させた方が効率がよくなります。

利用するオンライン飲食予約サイトはできる限り1つにまとめることをおすすめします。

詳細条件はオンライン飲食予約サイトによって違うことも

Go To Eat キャンペーンの詳細は、実はキャンペーンに加盟しているオンライン飲食予約サイトによってバラツキがあります。

Go To Eat キャンペーンに加盟している予約サイトは以下の13社です。

例えばGo To Eat キャンペーンの「ランチ」と「ディナー」の時間帯について、各サイトで違います。

ぐるなびでは『ランチは07:00~14:59までの時間帯、ディナーはそれ以外の時間帯』と記載がありますが、Yahoo!ロコでは『ランチタイムは10:00~14:59(それ以外の時間がディナー)』となっています。

また、サイトによっては独自のキャンペーンも開催していることもあります。

オンライン飲食予約サイトを選ぶ際は、自分の行けるお店がキャンペーンに登録されているか、利用しやすい時間帯が対象になっているか(ディナーの方が還元ポイントが多いため、ディナー時間が長い方がお得)等々をポイントに選択することをおすすめします。

Go To Eat キャンペーンのオンライン飲食予約サイトについては、後日もっと詳細にまとめた記事を作成したいと思っています。
→(追記)【Go To Eat キャンペーン】飲食予約サイト5つを比較。特徴やおすすめの選び方を紹介

まとめ

Go To Eat キャンペーンのまとめです。

Go To Eat キャンペーン まとめ
  • Go To Eatのキャンペーンは全部で2つ
  • ①実質25%引きになる『プレミアム付食事券』
  • ②500ポイントもしくは1000ポイントが付与される『オンライン飲食予約』
  • どちらも有効期限あり

2つのキャンペーンどちらもお得ですが、個人的には2のオンライン飲食予約の利用によるポイント付与を積極的に利用したいと思っています。

例えばランチ時間帯を避けてディナーの時間帯に予約サイトから4人の予約を入れて来店した場合、1人1000ポイントなので合計で4000ポイントが後日付与されます。

付与されたポイントは次回予約して食事をした際の支払いに充てる仕組みのため、食事代金によっては半額以上、食事代金は付与ポイントを下回っても大丈夫とのことなので、うまくいけば全額ポイントでお得に食事ができる可能性もあります。

消費者側からすると得しかないキャンペーンです。(お得すぎて、正直私は少し心配してしまうほどです)

食事の際は、Go To Eat キャンペーンを利用してみてはいかがでしょうか。




関連記事及び広告はこちら!